FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Jeff Beck/Blow By Blow

2009.12.28 Mon
ブロウ・バイ・ブロウBlow By Blow
(1975年)
Jeff Beck

商品詳細を見る

一通りのバンド活動を終えたジェフ・ベックの1stソロアルバム。邦題「ギター殺人者の凱旋」。いったいこれまで何人殺したのか(笑)。

メロウなトーン。セクシーなフレーズ。小気味よいカッティング。存分に弾きまくっています。このアルバムを聴くと、ジェフ・ベックのバンドが ことごとく上手くいかなかったことがよくわかるような気がします。

誰もジェフ・ベックについていけなかったんだ!! 

1975年の発表当時にはまだ珍しかった完全ギターインストアルバム。ジャンルはフュージョン。

日本を代表するギタリストでもあるCharに「間近で見ているにもかかわらず、どうやって弾いているのかわからない」と言わしめた超絶テクニックのスーパーギタリストですが、やってることが めちゃくちゃマニアックです。一人で異次元に行っています。

この人、ソロでやってるのが一番似合うよ。

このアルバムには、『Superstition』の一件でケンカしたスティービー・ワンダーの曲が2曲入っています(『Cause We've Ended As Lovers』『Thelonius』)。「仲直りしましょ」ってことで贈られたらしい。

個人的に、一番好きかもしれないギタリストでミュージシャンです。最近の作品ではエレクトロニカの方向に足をつっこんでます。これがまたカッコいい!! 還暦をすぎてなお、我が道を突き進んでます。是非とも行き着くとこまで行って欲しいです!!

--
She's A Woman/Jeff Beck
http://www.youtube.com/watch?v=TZlFTbvfKPE

スポンサーサイト
Theme:ギター | Genre:音楽 |
Category:Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。