RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

The Kinks/Something Else

2010.02.11 Thu
Something ElseSomething Else
(1967年)
The Kinks

商品詳細を見る

ビートルズ、ストーンズ、ザ・フーと並んで英国4大バンドと言われるキンクス。

他のバンドと比べると、聴いている人は少ないような気がするのだけれど、そのことについてどうも納得いかない。

なんで? いいよ。聴きなよ。って思うのだけど、身近でキンクス話で盛り上がった記憶はとんとない。今ひとつマイナー感が漂うが、もしかしたらそれは、彼らのもつ非都会的な感性と関係があるのかもしれない。

『You Really Got Me』なんかは、かつてCMでも使われていたような気がするし、ロックスタンダートとして どこかで聴いたことあるかもしれない。いや、しかしだね、名盤となれば中期以降が良いんだよ。しっかりとコンセプトアルバムつくってるからさ。

例えばこのサムシングエルスは、『David Watts』最初のカウントから
♪ ふぁふぁふぁふぁーふぁーふぁーふぁーふぁー
ってトコを聴くだけでもう、あーもう癒される。

けっして
♪ ファファファファーファーファーファーファー
と書きたくはないぞ! と思うようなやわらかみと温かさのあるサウンドなのだ。

ゲストで参加しているニッキー・ホプキンスのピアノも聴き所(ジェフ・ベック・グループにも参加)。この人のピアノ、本当に好きだ。一番好きなロックピアニストとして名前を挙げたい。

そしてもう一枚。「The Village Green Preservation Society」。コチラはもともと田舎育ちの自分にとっては、一番しっくりくるアルバム。イギリスのちょっと片田舎の風景と、田んぼだらけの実家の風景が重なって、とても懐かしい気分になるのだ。田舎の古き良き時代の牧歌的な風景が今にも目に浮かぶ。

こうした田舎者独特の非都会的な感覚や感性っていうのは、もしかしたら都会人にはないものかもしれない。

しかし、世界は都会だけで成り立っているわけじゃない。むしろ田舎のなかに、ぽつんと都会があると考えてもいいくらいだ。地方出身者や、地方で暮らす人たちにとって、キンクスほど親しみやすいバンドはないのではないかと思う。地方出身都会暮らしの自分とって、キンクスは心の重要なポジションをしめてくれている。

これらのアルバムはちょうど60年代後半、サイケサウンド大流行のとき。流行にはちっとも興味を示さず、マイペースでこんな名盤を作り上げていたってトコも どこかキンクスらしい。

例えば、90年代に「オアシスとブラーどっちが好き?」なんて仲間内で盛り上がったものだけれど、オアシスがビートルズだとしたら、このキンクスはブラーの立場に位置したのじゃないかと考える。

最も"英国らしい"ひねくれ方やユーモアを持ち合わせているのは、ビートルズでもストーンズでもザ・フーでもなく、このキンクスなような気がするのだ。

ブリティッシュロックが好き、という人にはぜひともキンクスを聴き逃してほしくない。

後世の英国ロックに多大な影響を与えたバンドだと思う。

--
You Really Got Me/The Kinks
http://www.youtube.com/watch?v=-2GmzyeeXnQ
David Watts/The Kinks
http://www.youtube.com/watch?v=WhElCQLpCPo
Waterloo Sunset
http://www.youtube.com/watch?v=sT1pYuR8F9oDaCYrEY
The Village Green Preservation Society/The Kinks
http://www.youtube.com/watch?v=32LZJeLuKtE

Theme:本日のCD・レコード | Genre:音楽 |
Category:Famous & Favorite【洋楽編】 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |
<<Pink Floyd/夜明けの口笛吹き | HOME | リクエストを受け付けます>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://momonga15.blog117.fc2.com/tb.php/62-948f00ef

-

管理人の承認後に表示されます
 2012.05.09 03:25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。