RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ゆらゆら帝国/空洞です

2010.08.23 Mon
空洞です空洞です
(2007年)
ゆらゆら帝国

商品詳細を見る

はじめてゆらゆら帝国を知ったときは、なんて怪しい人たちなんだと思いました。まるで水木しげるの漫画に出てきそうなルックスに度肝を抜かれました。

そして、ゆらゆら帝国の解散は、少なからずショックでした。まさかこのアルバムが最後のオリジナルアルバムになるなんて思っちゃいませんでしたから。

>「ゆらゆら帝国は完全に出来上がってしまったと感じました。」

うむ。さもありなん。

>「日本語の響きとビート感を活かした日本独自のロックを追求する」という変らぬコンセプト。

うむ、それは「3×3×3」の時点で、すでにできあがっていました。

ゆらゆら帝国が与えてくれたものは、まぎれもなく日本語ロックでした。怪しくうねる日本語ロックです。

日本語の語感を上手に歌うバンドって、そんなに多くはないんだよね。

だからこそ非常に、残念でしかたがない。

--
『できない/あえて抵抗しない』ゆらゆら帝国
http://www.youtube.com/watch?v=2rsrBwdk7OE

Theme:邦楽 | Genre:音楽 |
Category:Japanese 00s | Comment(1) | Trackback(1) | top↑ |

Dr.Feelgood/Down by the Jetty

2010.05.02 Sun
Down by the JettyDown by the Jetty
(1975年)
Dr.Feelgood

商品詳細を見る


ずいぶんご無沙汰ぶり、久しぶりの更新です。リクエスト、いただきました。

>「ラモーンズ/ラモーンズの激情」

ありがとうございます! 

このアルバム、確かに聴きました。だいたい2分くらいの曲がずらーっと並んでて、、、で、えーっと……、「激情」のカスみたいな感じで……。

……。

実はですね、、、申し上げにくいのですが、、、i-Tunesのなかに残ってないんですよ。

だってピストルズがあればいらないよーな気がするし、、、ニューヨーク・パンクってならテレヴィジョンの方がおもしろいし好き! 

正直に言おう。なんか、グサッとこなかったんだよね。。。

影響力の大きかったバンドだろうし、名盤と呼ばれてもいいんだろうけど……。もし気になってるだけってんなら、今さら聴かなくてもいいんじゃね? 申し訳ないけれど、このアルバムのためにくれてやるハードディスクの余裕はないっ!! 

せっかくリクエストいただいたのに申し訳ない。そして、ラモーンズファンのみなさま、申し訳ない。ホント申し訳ない。リクエスト、すげぇ、嬉しいです。しかし、自分に嘘はつけないのだ! 

テキトーに「あー、名盤だよねー。このアルバムいいよー」とか言ったら、このブログの意味がなくなっちゃうもん。自分の耳で確かめた上で、個人的に「おぉ! これは名盤だ!! ぜひとも聴いてほしい!」と思ってるアルバムを紹介するのがこのブログの趣旨だもん。

で、かわりにと言ってはなんだけど、今回はドクター・フィールグッドを紹介したい。ジャケもラモーンズと同じようにモノクロだし、ラモーンズを買うつもりなら、いっそ間違えてこっちを買え! って感じ。

パブで演ってたから「パブ・ロック」なんて言われてるんだけど、いや、こっちのが絶対カッチョイーんだ! 

グサッときた!! 刺さったよ! 

とくにボーカルとギターが刺さる。ものスゲー、ソリッドな音なんだよね。キレ味がすごい。硬派な男とはこうあってほしい! 

ハープもスゲーロックしててカッコいいし。鞭打つようなグルーブ感もたまらんね。

男が惚れる男気ロック! うん、これだ。

これ聴いたら、あぁ、こりゃあ今すぐパブに行くべきだぜ! パブってなんてカッコいいとこなんだ!! って思うよ。

ぐだぐだに酔っぱらってるやつがいて、こんなかっこいい音楽演ってるバンドがいて……。(←ただしみんな見てない)

で、その辺には女を口説いてるヤツがいたりして、よくわかんない口ゲンカしてるヤツがいたりして……。テキーラ!! なあんて叫ぶヤツがいて……。

いやー、想像するだけで悶えるね。

このちょっと後に、パンクが流行るんだけど、パンク前夜って、こんなにカッコいいんだな、と。もっと早くに出会いたかったアルバム。

ミッシェルガン・エレファントが、その影響受けてるのを公言してはばからなかったバンド。男ならラモーンズよりこっちだと思う。

追伸
これに懲りず、またリクエストください。

--
Dr.Feelgood/She Does It Right
http://www.youtube.com/watch?v=8eVyofFm0Rw

Theme:本日のCD・レコード | Genre:音楽 |
Category:・Punk/Gram 70's | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

銀杏BOYZ / 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

2010.03.26 Fri
君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命
(2005年)
銀杏BOYZ

商品詳細を見る


無性に日本語の歌が聴きたくなる時期が周期的にあって、ここのところ、銀杏ボーイズをよく聴いている。

ボーカルの峯田和伸は決して歌がうまいとはいえないけれど、身もフタもない素っ裸な歌詞が気持ちがいい。

センチメンタルで、妄想癖があって、エロくて、グロくて、チンコ丸出しで、汗ダラダラで、汚くて、気持ち悪くて、カッコ悪くて、変態で、オタクで、それでも必死で、生きてんだ! って感じ? 

"リアル 男子 オブ 男子" って感じがするんだよな。非常にダサイ(笑)。

バンドサウンドも荒削りで、とっても聴きにくい。なんだけど、初期衝動の塊として、音が提示されてる感じが気持ちがいい。ちゃんとやったら、もっとキレイに聴きやすく もできるんだろうけど、あえてするもんか! っていう感じがする。剥き出しなんだよね。

例えばさ、殺したいほど好き、好きだから殺したいなんて屈折してると思うけれど、生々しい感情だと思うよね。実際に人を殺すわけじゃなければ、それでもいいんじゃないかな、と思うんだよな。

大人になって、小利口になって、いろんな感情を押し殺して、見て見ぬフリして、"賢く" 生きるよりは、そういう自分のなかの感情は大事にした方がいいと思うし、そういう感情と向き合って生きた方がいいような気がするんだ。

カッコよく生きるよりも、カッコいいような気がする。

銀杏を聴いていると、なんていうか、もっともっとぐちゃぐちゃに、生々しく、カッコ悪く、泥臭く もがきながら生きるってことを思うんだよ。

聴くタイミングによっては、あまりに切実で、涙がこぼれそうになることがある。なんつーか、生理に訴えるもんがあるよなぁ。。。

どーせ聴くなら、「DOOR」もセットで聴くがいい。



--
BABY BABY / 銀杏BOYZ
http://www.youtube.com/watch?v=wE9zfm8HQF0
あの娘は綾波レイが好き / 銀杏BOYZ
http://www.youtube.com/watch?v=DlBasl8jNDU
東京 / 銀杏BOYZ
http://www.youtube.com/watch?v=GjGVMtx_9vM

Theme:ロック | Genre:音楽 |
Category:Japanese 00s | Comment(5) | Trackback(1) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。